sign-1.png

対話による創造

 心理学者の世界では「人の思考は対話により整理される」という思想のもと、カウンセリングという領域が生まれました。さらに古代ギリシアの哲学者であったソクラテスは自分の考えを一方的に話すのではなく、弟子への質問形式の対話により伝えていったと言われています。 

 言わば私たちコンサルタントも同様にクライアント企業様が実現したい事柄を対話により導きだし、体系化し具体化する役割を担っております。

 例えば、中期経営計画を立案する場合においても、経営者が一人で考えをまとめるのと、誰かに話しながら自分の頭を整理してまとめあげるのでは成し遂げたい事柄の実現度が格段に変わります。

 それでは、どのような人物が話し相手に適切なのか?経営計画のような領域では、ただの話し相手では考えがまとまりません。私どもは以下のような条件が必要だと考えております。

・人の話をしっかり聞けること
・経営計画をまとめるための技術を持っていること
・相手の考えを引き出すための最適な問いかけができること
・経営計画の豊富な事例があること(あらゆる会社の経営計画を知っていること)

 この条件を満たした人間とのやりとりは「対話による創造」に繋がります。コンサルタントはこの対話による創造をクライアント企業様にご提供しています。