変革にアプローチする4つのステージ

コンサルタントの機能

クライアント企業様の成長やプロジェクト活動において、内部だけでは補いきれない機能をコンサルタントによって付加することにより、推進力を格段に高めます。
 

考え方・ノウハウ提供

ノウハウや手法は物事を効率よく考えるための道具です。もっともコンサルタントに求められるところです。ひとつのやり方だけではなく、企業の実態に合わせて柔軟に手法を提供します。
 

事例の提供

改善事例や他社事例は、議論のたたき台をつくるともに取り組み水準の一つの目安となります。
 

プロジェクト運営の支援

最近ご依頼が多いのがこの機能です。プロジェクトの全体設計はもちろんのこと、会議運営、スケジュール作成・管理、成果物管理など、自社のノウハウや工数が不足している場合にコンサルタントがこの機能を補完いたします。
 

客観性

特定の立場・部門・文化・経験に囚われない中立な立場で議論を整理します。

 
強制力

外部を使うということに対する心理的な強制力が発揮されることにより、プロジェクト活動の推進が強化されます。
 

外部の刺激

マンネリ状態の打破、緊張感、発想転換に作用します。
 

人材育成

自社にはない考え方やノウハウの習得・外部による刺激を通じて、プロジェクトメンバーの成長が促進されます。